広告バナー

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 12/24 あらすじと感想 #g_bf

 キング・オブ・ガンプラの実力。

 冒頭は、メイジンの降臨。「アメイジン・レッドウォーリア」が、ゆっくりと降下してくる。アドウ・サガくんの目は、メイジンの機体に注がれていた。メイジンは、無益な戦いを止めに来たが、アドウくんは従うはずもない。

 アドウくんのガンダムジエンドから先に仕掛ける。ファングが、レッドウォーリアを攻撃する寸前に切り落とされる。切り落とされたファングが合体し、再度、レッドウォーリアを襲う。今度は、実剣の切っ先で受け止め、落してしまった。

 メイジンの腕前を知ったアドウくんが奥の手であるデッドエンドフィンガーを繰り出そうとしたとき、突然、システムがアボートした。ガンプラ学園の監督であるアランさんが介入したのだった。不平を洩らしながら、アドウくんは従う。

 バトルが中止された直後、セカイくんが倒れた。メイジンは、アシュムレイトと言っていたようだが…。ラルさんとフミナちゃんがセカイくんを医務室へ連れて行く。ユウマくんはショックが大き過ぎ、その場から飛び出してしまった。

 バトルを止められたアドウくんは、メイジンに対しても、闘志を剥き出しにしている。キジマ・ウィルフリッドくんは、あのまま戦っていれば、無事では済まなかったと、たしなめている。

 屋外に出たユウマくんは木の下で敗北を噛み締めていた。そのとき、メイジンが、サイドマシンに乗って現れ、彼を誘う。セカイくんをラルさんに任せて、フミナちゃんがユウマくんの後を追おうとしたが、彼はメイジンと移動した後だった。

 フミナちゃんの前に、一人の女性が現れる。彼女は、レディ・カワグチ、メイジンの名を継ぐ者と自称した。彼女は、フミナちゃんに足りないものを判らせるために、バトルに誘う。

 ユウマくんは、メイジンに連れられ、ガンプラ・ショップに入る。そこのバトルシステムを使って、メイジンと戦うことになった。メイジンからの提案で、ハンデとして、お互いの機体を交換して戦う。

 メイジンは、ライトニング・ガンダムの出来映えを褒めていたが、自身の機体に対しても、自画自賛w。二人の機体が接近し、戦闘に入る。メイジンは、破損した機体を巧みに操り、ユウマくんの攻撃を躱す。ユウマくんも、レッドウォーリアの完成度に驚いていた。

 急接近され、ライトニング・ガンダムに捕捉された、レッドウォーリアに対し、メイジンは容赦なく攻撃を加え、撃破している。メイジンの言葉に、自分には未だ伸びる余地があると確信したユウマくんは、メイジンにバトルトレーニングに付き合ってもらうことになる。

 その頃、フミナちゃんも、レディ・カワグチとバトルしていた。お互いにSD機であったが、レディ・カワグチの腕前と魔竜剣士ゼロガンダムの完成度の前に、完膚なきまで撃破される。レディ・カワグチは、このバトルで、足りないものが判らなければ、大会出場を辞退するように言って、去って行った。フミナちゃんは、彼女が去った後、何かに気付いたようだ。

 眠っていたセカイくんが起き、ラルさんの注意も聞かずに、ビルドバーニングガンダム修復のために走って出て行った。強い相手と戦えることに喜びを感じていた。工作室に入った彼は、ただならぬ雰囲気を持つ少女と遭遇する。

 そして、ミナトくんは、土下座してバトル部?に入部しようとしていた。つづく。

 メイジンは、チナちゃんにお世話になっていると言っていましたが、やはり、チナちゃんは「イオリ模型」で店番をしているんですかね?w。それとも、別な理由でしょうか?。

 さて、新キャラが二人出てきました。レディ・カワグチは、どことなく、レディ・アンを思わせる雰囲気ですね。そして、セカイくんが遭遇した少女は、どことなく、キジマ・ウィルフリッドくんに似ている気がしますが…。

 それにしても、セカイくんの周囲は美少女ばっかりだw。

 アドウくんが言ってしましたが、フェリーニさんやルアンさんも健在のようですね。出番があるって、ことかな?w。

 メイジンは世界大会で三連覇を果たして、殿堂入りしているそうです。

 イオリ・セイくんの再登場が待たれますねw。なかなか、気を持たせますw


ガンダムビルドファイターズトライ 第12話12/24 あらすじと感想
ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 12/24 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村 トラコミュ ガンダムビルドファイターズへ
ガンダムビルドファイターズ
スポンサーサイト

テーマ : ガンダムビルドファイターズ
ジャンル : アニメ・コミック

広告バナー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」

ガンダムビルドファイターズトライの第12話を見ました。 第12話 未来へ羽ばたくために ガンプラ学園のアドウ・サガが操るガンダム・ジ・エンドに完膚無きまでに叩きのめされ、ふさぎ込んでいたユウマの前に現れたのは三代目メイジンのユウキ・タツヤの「レッドウォーリア」であった。 「フハハハハハ…嬉しいね、まさかメイジン様がこの俺と戦ってくれるとは。実はここんとこ退屈しっぱなしで...

ガンダムビルドファイターズトライ「第12話 未来へ羽ばたくために」

ガンダムビルドファイターズトライ「第12話 未来へ羽ばたくために」に関するアニログです。

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 『未来へ羽ばたくために』 ≪あらすじ≫ ガンプラ学園のアドウ・サガが操るガンダム・ジ・エンドに完膚無きまでに叩きのめされたトライファイターズ。その圧倒的な実力差を見せつけられたユウマはショックを隠しきれないまま、セカイ達を残しその場を立ち去ってしまう。心配したフミナはアシムレイトの反動で倒れたセカイをラルさんに任せ、ユウマを捜すことに……...

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」

評価 ★★★ 受け答えも3倍はえぇ!             

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話『未来へ羽ばたくために』感想

 ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)(2015/03/27)冨樫かずみ、内田雄馬 他商品詳細を見る  ヤバい!!!先週に続きメイジンが全部持っていった( *´艸`)  と言っても、その内訳は全く違いましたけど。  先週のインパクト重視に対して、今週はユウマに対する熱い言葉の数々が深くて、深くて!  特に「頑張る」という言...

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話『未来へ羽ばたくために』 キャプ付感想

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話『未来へ羽ばたくために』 感想(画像付) 心を砕かれたユウマを特訓するメイジン・カワグチは名言連発でしたね(笑) さすが尊敬されるメイジンですw そしてユウナに立ちないものを教えたレディ・カワグチ。 セカイの前に現れた謎の少女…アイラのような存在か気になりますね!   ガンプラ学園のアドウ・サガが操るガンダム・ジ・エンドに完膚...

ガンダムビルドファイターズトライ #12 感想 敗北者の立ち直り計画は成功だ!鋼メンタルなセカイくんの前に現れた謎の美少女だれや?

[ 未来へ羽ばたくために ]

ガンダムビルドファイターズトライ12話他2014/12/25感想

<記事内アンカー> ヤマノススメ セカンドシーズン 第24話(完)「さよなら、わたしたちの夏」 ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」  以前買ったサンヨー食品の「三崎まぐろラーメン」を食べてみる。カップ麺でまぐろが食べられる時代か、と思ったもののフレークを口にして違和感を覚えて再度カップを見てみると 「具材にまぐろは入っておりません」 *フレ...

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 『未来へ羽ばたくために』 ユウマとメイジンのガンプラ交換バトル。自分の機体と戦うなんて!→最大の敵は自分ということか。

ガンプラバトル世界選手権三連覇、キングオブガンプラ。前作を見ていると、操られた挙句セイ&レイジに敗北。そんなイメージの強いメイジンですが、7年後の世界ではカリスマ。プラモ屋に入るや「メイジンだ」「本物のメイジンだ!」「何故ここに!?」と一発で分かる知名度。幼女が顔を赤らめるほどの存在です。 アドウをボコボコにするのかと思いきや、嘗てのチームメイト・アランが強制終了。 そしてユウマ逃亡。また、...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
アイコン
のんのんびより
超訳百人一首 うた恋い。
あっちこっち
けいおん!!
機動戦士ガンダム
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
Google+
お知らせ
現在、私事で忙しくて、TB返しが出来ない状態にあります。落ち着いたら、TB返しを開始しますので、よろしくお願いします(2013/05/10)
Twitter
QRコード
QRコード
メールフォーム
このブログに関するお問い合せなどにお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガリレイドンナ
ゆるゆり
ココロコネクト
アイドルマスター
牙狼<GARO>
アニメDVD
キャラアニ
月別アーカイブ