広告バナー

牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話 3/21 あらすじと感想 #GARO

 騎士の魂。

 冒頭は、魔獣装甲を装着したオクタビアと対峙するレオンたち。階下では、レオンの到着を待つヘルマンが、ホラーの群れに囲まれながらも、死闘を続けていた。

 月食が近づく夜、ヘルマンが残した花を手に、ぼんやりとしたヒメナさん。外の異変に気付き、飛び出していく。城付近で煙が立ち昇り、彼女は、そちらへと向かっていった。

 オクタビアは強敵であるとザルバが告げる。ここで、アルフォンソ王子が魔戒騎士ガイアとなり、オクタビアに突進して、弾き飛ばした。エマは、レオンに近づき、「自分を見失うんじゃないわよ」と告げ、接吻した後、ヘルマンの剣を扉から落とし、オクタビアを追った。

 残されたレオンは、父と再会すべく、接近してきたホラーの群れを吹き飛ばしつつ前進していく。オクタビアと対戦するアルフォンソ王子だったが、やはり、かなり苦戦する。エマがメンドーサの部屋から拝借した亜空間転送魔導具で、三人とも、亜空間へ飛ぶ。

 そこで、オクタビアに対し、攻撃を仕掛けるアルフォンソ王子とエマ。オクタビアの戦闘力は強力だが、魔獣装甲は装着者の魂と肉体を喰うもので、二人は時間稼ぎを狙っていた模様。戦いは亜空間を破り、現実世界へ戻ってきた。戦いの余波で、城の一部が崩れ落ちる。

 ヘルマンを追って飛び出したヒメナさんだったが、途中で避難を手伝うように依頼される。上空では、空中要塞=番犬所が、月食が完了する前に、城下町を焼き払おうと砲撃体勢に入っていた。その様子を見たアルフォンソ王子は、番犬所の攻撃を食い止めるべく、エマに転送を依頼する。

 ダメージを受けたオクタビアだったが、未だ、動けるようだ。エマは、構わず、アルフォンソ王子を番犬所直下に転送する。その後、エマは襲ってきたオクタビアを罠に掛け、一時的に動けなくした。しかし、オクタビアの右義足に仕込まれていた隠し銃に、エマは腹部を撃たれてしまう。

 オクタビアが罠を千切ろうとしたとき、魔獣装甲の使用限界が来た。オクタビアの身体が侵食され、彼女は吐血して倒れそうになる。このとき、エマに問われたオクタビアは、最後までメンドーサを信じていると答えていた。オクタビアは魔獣装甲に喰われ消滅、その魔獣も、エマの罠で封滅された。エマは重傷で、その場に倒れる。

 番犬所直下に回ったアルフォンソ王子は、鎧を装着し、剣を突き立てて、破壊エネルギーを押し返そうとしていた。しかし、破壊エネルギーのため、鎧も破損してきた。最後の力を振り絞った一撃で、破壊エネルギーを押し返たアルフォンソ王子は反動で吹き飛ばされてしまう。彼の行為に飽きれたのか、ガルムは後始末を騎士たちに任せ、去っていった。

 ホラーを倒しつつ、進んだレオンは、ジルバの震えに予感していた。暫く、進むと、引き裂かれた衣服と血痕が見つかる。それには見覚えがあった。突然、メンドーサが声をかけ、アニマを蘇らす赤い結晶体を説明する。新たに加わった結晶体には、ヘルマンの姿と剣が見えた…。

 メンドーサが魔戒騎士や魔戒法師たちの魂で、アニマを蘇らすと宣言。暫く、黙っていたレオンだったが、迷いなく、剣を向けた。メンドーサが呼び出したホラーを蹴散らし、接近。レオンは、メンドーサの身体を剣で貫いていた。しかし、メンドーサは「遅かった」という。周囲のホラーが、蘇りつつあるアニマに吸収されていく。

 剣の形をした赤い結晶体に貫かれた首無し巨人という姿を見せたアニマ。その巨体を起こし、自身の身体に取り付いたレオンを掴み、投げ飛ばした。寸前、赤い結晶体に刺さったヘルマンの剣を手に、レオンは投げ飛ばされていた。つづく。

 オクタビアが装着した魔獣装甲は、特撮版第1作目に登場したコダマが装着したものと同じ系統のようですね。コダマの場合、元々が強靭な身体の持ち主だったためか、装着によるダメージが見えてこなかったのですが、オクタビアのような普通の人間だと、喰われてしまうわけですね。

 恐らく、魔獣装甲は、魔戒騎士の鎧の原型のようなものだと推測されます。魔戒騎士の鎧も、タイムリミットを過ぎると、装着者を侵食する辺りは、ほぼ同じです。ということは、魔戒騎士の鎧の製造方法が改良されたり、突然変異したりすれば、女性魔戒騎士も、アリなんじゃないだろうか?。

 前回、空中要塞と思われた物体は番犬所だったらしいw。こういう仕組みになっているとは思わなかったw。

 う~む、やはり、ヘルマンは、こういう結果になってしまったか…。ヒメナさんが戦場に来なかったことで、彼女の胎内の子供は安全になった、ということか?。恐らく、ヘルマンの魂を含む魔戒騎士や魔戒法師たちの魂の結晶体が、アニマに対抗するために、拒絶反応を示すんじゃないだろうか?。

 エマがレオンに接吻して別れていきましたが、割と本気だったのだろうか?。姉さん女房ってこと?w。結構、歳が離れていると思うのだが…。エマは腹部を撃たれてしまって、大丈夫だろうか?。

 シリーズ前半、メンドーサがホラーから逃れた方法が判らんw。種明かしを求むw。

 敵ながら、見事な忠誠心だったオクタビアでした。魔獣装甲を纏った姿も、どことなく、エロっぽくて良かった。デザイン的にも、好みでした


牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話3/21 あらすじと感想
牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話 3/21 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村 トラコミュ 牙狼<GARO>へ
牙狼<GARO>

にほんブログ村 トラコミュ 黄金騎士 牙狼が好きな方。へ
黄金騎士 牙狼が好きな方。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

広告バナー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼〈GARO〉-炎の刻印-「第23話 月食-DOOM-」

牙狼〈GARO〉-炎の刻印-「第23話 月食-DOOM-」に関するアニログです。

牙狼-炎の刻印- TokyoMX(3/20)#23

第23話 月食-DOOM- 公式サイトからヘルマンの相棒、魔導具ジルヴァの導きでメンドーサへと迫るレオン、アルフォンソ、エマ。その前に立ちはだかったのは魔獣装甲でその身を覆ったオクタビアだった。強大な力で三人を圧倒するオクタビア。エマの機転により、最深部へと一人進んだレオンは変わり果てたヘルマンを目撃する。レオンの心を掻き乱すべ く言葉を発するメンドーサ。しかしレオンはもう惑わされることは無...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
アイコン
のんのんびより
超訳百人一首 うた恋い。
あっちこっち
けいおん!!
機動戦士ガンダム
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
Google+
お知らせ
現在、私事で忙しくて、TB返しが出来ない状態にあります。落ち着いたら、TB返しを開始しますので、よろしくお願いします(2013/05/10)
Twitter
QRコード
QRコード
メールフォーム
このブログに関するお問い合せなどにお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガリレイドンナ
ゆるゆり
ココロコネクト
アイドルマスター
牙狼<GARO>
アニメDVD
キャラアニ
月別アーカイブ