広告バナー

仮面ライダーエグゼイド 第32話 5/21 あらすじと感想

 決戦直前、真CEOの一言「絶版」の威力w、無効ゲーム。

 冒頭は、檀正宗 氏の出所シーン。その頃、バグスター陣営では、人類消滅のために仮面ライダー打倒を決意していた。場面代わって、CRでは、新・黎斗にプロトガシャットが衛生省に押収されたことを聞かされ、動揺する飛彩くんの姿ががあった。彼は、恋人を復元したいのだ。その恋人のデータは、ドラゴナイトハンターZガシャットの中に記録されているらしい。

 通報が入り、現場に急行する永夢くんたち、直ぐに、大我くんたちも駆けつける。戦っていたライドプレイヤーを保護しつつ、戦闘に入る。ブレイブはラブリカ、スナイプはグラファイト、エグゼイドはパラド、という組み合わせ。

 グラファイトはレベル99に達しており、スナイプを圧倒し、変身解除まで追い込む。ラヴリカも、ガールズの助力でブレイブを退ける。そこに、そのライドプレイヤーが介入してくるが、弾き飛ばされた。そのライドプレイヤーは、鏡医院長だった。

 感染者が鏡医院長と判り、永夢くんたちはCRに撤退。鏡医院長を入院させる。鏡医院長も、息子の恋人を救うべく参戦したらしい。このとき、飛彩くんは、押収されたガシャットをCRへ移管できるように手配を鏡医院長に依頼している。

 場面代わって、幻夢コーポレーションに戻った檀正宗 氏はCEOの座に就き、手元に保管されていたガシャットとバグヴァイザーIIを確認している。直後に入ってきた天ヶ崎 前CEOと対面し、CEOの座について言い争っていたが…。

 CRに集まった面々は、「仮面ライダークロニクル」攻略について話し合う。新・黎斗にラスボスはゲムデウス、仮面ライダークロノスと呼ばれ、クリア不可能と聞かされる。しかし、実際にはクリア方法があるらしく、それには、バグスターウィルスに対する完全な抗体を持っている者が条件になるらしい。

 ゲムデウスに関しては、パラドを含むバグスターたちも、その存在を知らないらしい。遂に、決戦の時、来る。CR陣営とバグスター陣営の衝突が迫っていた。このとき、衛生省で保管されていたガシャットが何者かに盗まれたことが報告された。

 CR陣営とバグスター陣営が集結し、決戦が開始され、まずは、ラヴリカ・ガールズを殲滅し、ラヴリカを弱体化させた。そのとき、檀正宗 真CEOが戦場に現れた。彼は、バグスターにしか扱えないはずのバグヴァイザーIIとガシャットを装着し、仮面ライダークロノスへと変身した。彼も、また最初の感染者であり、完全な抗体を持つらしい。

 クロノスは、パラドと新・黎斗に労いの言葉をかけると、「仮面ライダークロニクル」の所有権はCEOである自分にあると宣言、さらに、進行中のゲームを無効と告げた。これに怒ったバグスターたちが、クロノスに襲いかかるが、時間を停止され、パラドとグラファイトはダメージを受け、変身解除。ラヴリカは絶版扱いで消滅させられた。時間停止空間で消滅したラヴリカは復活させられない。驚愕のバグスターたち。つづく。

 次回予告から察するに、飛彩くんは離反するのか?。

 それしても、会社で開発されたゲームだから、所有権は会社にあり、社長のものって乱暴だなーw。まぁ、確かに一理あるんだけどw。

 もう一人、最初期のバグスターウィルス感染者が居たとは意外。確かに、檀正宗 真CEOも、バグスターウィルス発生を知っていたため、感染してもおかしくはない。その感染状況は、檀正宗 真CEOの奥さんであり、黎斗 元CEOの母親である櫻子 夫人の場合と異なる経過である。なぜ、彼が生き延びていられたのかは、今の所、謎であるが、偶然、抗体を持っていた可能性もある。

 ラヴリカの宿主は不明のまま、消滅しちゃったw。当初は、最近見なくなった鏡医院長だと思ったけど、違いましたw。

 仮面ライダークロノスの能力は時間操作能力らしいが、今のところ、スタンド「スタープラチナ」のように、時間停止を使っているだけ。他の能力を行使できるかは不明。

 恐らく、クロノスに勝利するためには、エグゼイドにパラドが合体し、完全態にならないと勝てないだろう。クロノスはバグスター分離されてないため、バグスターの能力をそのまま行使できるから、今のエグゼイドでは勝利できない。

 かつて、檀正宗 真CEOは、黎斗 元CEOの行動を「止めてくれ」と漏らしていた。今回の行動とは矛盾しそうだが、果たして?。檀正宗 真CEOにとっても、奥さんの命を奪ったバグスターウィルスをよく思っていないだろうことは明らかなのだが…。

 今回のシーンで不可解な部分は、檀正宗 真CEOと天ヶ崎 前CEOとの初対面シーン。対面直後に場面が代わり、後で、檀正宗 真CEOが颯爽と乗り込んでくるのだが、そのときの天ヶ崎 前CEOの態度に違和感。もしかすると、初対面で何らかの密約が交わされ、ラヴリカは時間停止空間に閉じ込められただけかもしれない。

 また、ラヴリカがライドプレイヤー以外の者にクリア=消滅させられたため、ラヴリカを停止空間から戻して復活させ、ライドプレイヤーに倒させない場合、事実上、「仮面ライダークロニクル」は、「クリア不可」になっている可能性がある。仮に、クロノスが倒された後、ラヴリカを戻したとき、交わされた密約により、クロノスを復活させる可能性もある…。そうすると、永久ループ?。

 ところで、ゲームマスター(ゲンム)とラスボスキャラ(クロノス)って、どっちが強いの?w。通常、ゲームマスターの方が強くないか?w。時間操作能力で、ゲンムを抑えられるだろうと思うけど、何か、変w。ラスボスキャラというより、ゲームオーナー(所有者)の方が適切な表現のような?w


仮面ライダーエグゼイド 第32話5/21 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第32話 5/21 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

広告バナー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーエグゼイド 第32話「下されたJudgment!」

仮面ライダーエグゼイドの第32話を見ました。 第32話 下されたJudgment! 永夢達によって「仮面ライダークロニクル」の初級、中級のバグスターはすべて攻略され、残るはパラド、グラファイト、そして恋の上級バグスターのみとなった。 「懐かしい顔ぶれだな」 「グラファイト!」 「お前の相手は俺だ」 「決着を着ける時が来たようだな。培養」 「進化してる…」 進化...

下されたJudgment!

仮面ライダーエグゼイド 第32話「下されたJudgment!」 最恐の敵!あらすじ エグゼイド:マキシマムゲーマーレベル99 ブレイブ:ファンタジーゲーマーレベル50 スナイプ:シミュレーションゲーマーレベル50 ゲンム:ゾンビアクションゲーマーレベルX-0 パラドクス:パーフェクトノックアウトゲーマーレベル99 クロノス:クロニクルゲーマー バグスター:ラヴリカバグ...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
アイコン
のんのんびより
超訳百人一首 うた恋い。
あっちこっち
けいおん!!
機動戦士ガンダム
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
Google+
お知らせ
現在、私事で忙しくて、TB返しが出来ない状態にあります。落ち着いたら、TB返しを開始しますので、よろしくお願いします(2013/05/10)
Twitter
QRコード
QRコード
メールフォーム
このブログに関するお問い合せなどにお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガリレイドンナ
ゆるゆり
ココロコネクト
アイドルマスター
牙狼<GARO>
アニメDVD
キャラアニ
月別アーカイブ