広告バナー

レベルE #9 3/8 あらすじと感想 #LevelE

 今回、王子は何気に穏便に事態を収拾させてますね。

 幹久が実は、女性であったことを知り、サキ王女は愕然。当然のことながら、去って行きます。安堵するクラフトさんの前に、王子が帰宅w。事情は、盗聴などで知っていたようですw。

 王子の話で、実は、サキ王女が諦めていないことがわかります。マクバク星の遺伝子工学によって、幹久を完全に男性にしてしまおうということらしい。手紙で呼び出された幹久は、サキ王女に拉致され、遺伝子改造を施されます。

 クラフトさんたちは、当然、サキ王女の思惑を阻止しようと、改造後の幹久を拉致して、ワクチンを打とうとするのですが、シミュレーションの結果、ワクチン対抗因子が組み込まれいることが判り断念。

 ここで、王子の頭脳が問題を解決します。数ヵ月後、自らの記憶すら操作し、サキ王女は幹久と出会い、恋に落ちます。しかし、その幹久は、王子が対抗ウィルスを仕込んだクローン。本物は、遠くへ飛ばされてますw。

 今回、問題だったのは、クラフトさんたちが、数々の違反行為をしていただけでしたw。つづく。

 ちなみに、サキ王女の母、つまり、女王って、巨大蜂なんですな

レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)
レベルE (下) (集英社文庫―コミック版)
コールドフィンガーガール(アニメ盤)
レベルE 1 [DVD]

にほんブログ村 トラコミュ レベルEへ
レベルE
スポンサーサイト

テーマ : レベルE
ジャンル : アニメ・コミック

広告バナー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レベルE 第9話「Love me tender」

『地球滅亡の危機は回避された、安堵するクラフト達の前にあの男が戻ってきた。事情を聞いた王子は、サキ王女はミキヒサを諦めていない、と推測した。回避したかに思われた人類滅亡の危機は継続中だったのだ。...

◆ レベルE 第9話「Love me tender」 【常勝無敗は仇となる】

問題を力でネジ伏せる終わり方だった。 今までは力技でシメる方法じゃなかったので残念。あと、王子が常勝無敗であることが仇になった。るろ剣の斎藤や比古のみたいに出てくるだけで勝ち確定なので安...

レベルE 第9話「Love me tender」

幹久が男じゃなかったってことで地球滅亡の危機は回避。 と安堵したクラフトたちですが、サキ王女たちは諦めが悪かった(^^;  宇宙人の王族は問題人物ばっかりなのか…。 運命の相手を間違ったってミス...

レベルE:9話感想

レベルEの感想です。 愛を貫いたエンド…なのかな?

レベルE 第9話 「Lovemetender」

「そうですかぁ、それは残念です。まあ地球とは縁がなかったのでしょう」全・然残念そうじゃねぇし!wむしろ、こんな嬉しそうな表情のクラフトを見たのは初めてってくらいの満面の...

レベルE 第9話「Love me tender」

「そんな事くらいでマクバク族が諦めるはずもない」 ミキヒサが女だと知ったサキ王女が取った行動とは…! 何としても阻止したいクラフト達に、王子が提案した最後の手段――   【第9話 あらすじ】 地球...

レベルE 9話 感想

鬼ごっこもこれまでのようだ。 幹久君とサキ王女に訪れた余りにも突然の別れ。

レベルE 第9話 『Love me tender』 感想

今回の見どころは映像かな。レベルE 第9話 『Love me tender』 のレビューです。

レベルE #09 Love me tender レビュー キャプ

異種喰らいの異名を持つ、マクバク族、その王女がなんと 地球にムコ探しに来てしまった。マクバク族の王女に見そめられた オスの種族は、生殖能力を失い絶滅してしまうという、 とんでもなく迷惑な種族のマクバク族。人類を守る為に、逆仲人 として、サキ王女に地球でのム...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
アイコン
のんのんびより
超訳百人一首 うた恋い。
あっちこっち
けいおん!!
機動戦士ガンダム
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
Google+
お知らせ
現在、私事で忙しくて、TB返しが出来ない状態にあります。落ち着いたら、TB返しを開始しますので、よろしくお願いします(2013/05/10)
Twitter
QRコード
QRコード
メールフォーム
このブログに関するお問い合せなどにお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガリレイドンナ
ゆるゆり
ココロコネクト
アイドルマスター
牙狼<GARO>
アニメDVD
キャラアニ
月別アーカイブ