広告バナー

仮面ライダーエグゼイド 第27話 4/16 あらすじと感想

 ゲームクリア報酬、伝説の樹は何処だ?w、ギャルゲ主人公は誰だ?w、ポッピーピポパポの微笑。

 冒頭は、天ヶ崎恋CEOによる「仮面ライダークロニクル」に関するお知らせ映像。ゲームオーバーによるプレイヤー消滅は演出であり、ラスボス打倒後、ゲームクリアで消滅プレイヤーを蘇らせることができる、と言う。

 この映像を見た永夢くん、飛彩くん、大我くんは動揺を隠せなかった。大我くんは、今から幻夢コーポレーションへ乗り込むと言い出す。しかし、ニコちゃんは、別の反応を示した。そこに、緊急通報が入る。

 永夢くんと飛彩くんが、現場に急行する。リボルバグスターに対し、ライドプレイヤーが挑んでいたが、ピンチだった。そのライドプレイヤーが変身解除された直後、永夢くんたちが変身し、戦闘に入ろうとしたところに、ニコちゃんが現れる。

 ニコちゃんは、ライドプレイヤーに変身し、二人の仮面ライダーを置き去りにして、果敢に挑む。巧みな戦術で、下級バグスターを殲滅、アイテムを上手く使い、バグスターを倒した最初のライドプレイヤーとなった。ライドプレイヤーには、ドロップアイテム(ガシャット?)が与えられる模様。

 変身解除されたプレイヤーは女性で、消滅した彼氏を蘇生させるために挑んでいたらしい。戦闘後、ニコちゃんは、ゲーム病を再発し、CRに緊急入院させられる。彼女は、ゲーム病(バーニアバグスター)に感染した模様。

 大我くんがCRに乗り込んで、ニコちゃんからゲームを取り上げようとするが、ニコちゃんの症状では、ゲームを取り上げると悪化するため、暫く、様子見となった。その頃、幻夢コーポレーションでは、不安に思った社員が退職願を天ヶ崎恋CEOに提出したが、CEOは拒否していた。

 そこに大我くんが現れ、天ヶ崎恋CEOに問い詰める。追い詰められた天ヶ崎恋CEOは、謎の力で大我くんを跳ね除ける。天ヶ崎恋CEOは、バグスターの能力を使い、その場から消え去る。その直後、バーニアバグスター出現の緊急通報が入るも、大我くんは天ヶ崎恋CEOの言葉に揺れていた。

 通報を受けた永夢くんたちの前に、天ヶ崎恋CEOが現れる。天ヶ崎恋CEOが通報したらしい。その間にも、ニコちゃんが、バーニアバグスターと戦う。二人の仮面ライダーを軽くあしらう天ヶ崎恋CEOは、ラヴリカバグスターに変身する。ラヴリカバグスターには、仮面ライダーの攻撃が、何故か、通じない。

 スナイプも参戦するが、ラヴリカバグスターに弾き飛ばされ、三人の仮面ライダーは変身解除されてしまう。ラヴリカバグスターは、大我くんの心情を突き、巧みな言葉で戦意を喪失させようとする。しかし、大我くんは、ニコちゃんから主治医と呼ばれたことに対する嬉しさを吐露、さらに、患者だから離れるな、と何気に口説くw。

 立ち上がった大我くんは、バーニアバグスターを撃破、残るラヴリカバグスターはニコちゃんに冷たい言葉を浴びせられ、ダメージを受け、撤退する。大我くんとニコちゃんの関係進展を見たポッピーピポパポは「よかった」と呟く。

 ラブラブになった大我くんとニコちゃんは、永夢くんたちを置いて先に帰ってしまった。何となく、呆気に取られつつも、永夢くんたちも撤収。その夜、CRから帰ろうとした永夢くんは、ポッピーピポパポの今日の笑顔に何かを感じていた。つづく。

 元々、バグスターウィルスが、究極の医療のために生み出された存在ならば、消滅したかに見えた人間をデータ化し、治療を施し、復元することが可能かもしれない。それは、神の行いに、最も近いが…。

 ゲームクリアで、消滅したプレイヤーが蘇生される設定は、SAOよりも親切に見えるが、より辛辣とも言える。

 天ヶ崎恋CEOの正体はバグスターでしたが、何で今まで出てこなかったんだろう?。進行上の都合かな?。

 どうやら、ポッピーピポパポの記憶は完全にリセットされてなかったらしい。また、倒されたバグスターを復活できる仕組みと関係があるのかもしれない。つまり、バグスターの活動はリアルタイムで、どこかにバックアップされている可能性がある。そのバックアップが破壊されない限り、バグスターは復活できるのかも?


仮面ライダーエグゼイド 第27話4/16 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第27話 4/16 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーエグゼイド 第26話 4/9 あらすじと感想

 仮面ライダーポッピー、禁止&回収、グラファイトからの挑戦状。

 冒頭は、ポッピーピポパポ主演の「仮面ライダークロニクル」のCM映像。ポッピーピポパポたちバグスターも、喜ぶが、衛生省から「仮面ライダークロニクル」の回収と禁止の報道が流れ、表情が変わる。

 その頃、CRでは、衛生省の日向審議官から通達を受けていた。「仮面ライダークロニクル」による被害状況は不明。永夢くんたちCR医師たちにも、混乱を避けるため、出動禁止が言い渡された。この内容を聞いていた入院患者のテンマくんが、自分で治療&解決すべく、ガシャットを奪い返し、飛び出してしまった。

 彼の後を追おうとした永夢くんを飛彩くんが止める。飛彩くんは罹患者が医師を信頼しない状態では、オペは出来ない、と言う。しかし、永夢くんは、目前の患者を見捨ててはおけない、と出動してしまった。残された飛彩くんは、医師の資格について、自問する。

 テンマくんがバグスターと戦う中、エグゼイドが介入する。テンマくんは、仮面ライダーたち医師を信用できない。それでも、永夢くんが治療を続けようとすると、ポッピーピポパポが現れ、彼の行動を妨害する。

 ポッピーピポパポは、プレイヤーに対する医療行為を禁じ、エグゼイドに襲いかかってきた。彼女も、ドライバーで変身し、攻撃を躊躇するエグゼイドを容赦なく叩く。そこに、スナイプが現れ、エグゼイドの甘さを指摘し、参戦する。しかし、二人がかりでも、ポッピーピポパポに敵わず、変身解除されてしまった。

 ポッピーピポパポの行動に驚く二人に対し、突如、現れたパラドが、彼女は、元々、黎斗 前CEOが「仮面ライダークロニクル」製作のために衛生省に潜入させたらしい。その後、記憶がリセットされたため、元のバグスターとしての性格が表面化したらしい。パラドは、「仮面ライダークロニクル」は、種族の存亡をかけた戦いである、と告げる。

 大我くんたちは、帰る途中で、復活したグラファイトと遭遇する。グラファイトは、「仮面ライダークロニクル」の攻略途中で待っていると告げ、去っていった。その頃、逃げ延びたテンマくんがSNSを使って、「仮面ライダークロニクル」の真実、CRの力不足、仲間募集を拡散した。

 その頃、日向審議官は、「仮面ライダークロニクル」の禁止&回収に関する記者会見を行っていた。記者たちから、以前からの疑問をぶつけられ、言葉に詰まる審議官。CRに戻った飛彩くんは、ポッピーピポパポの変貌を告げる。SNSで流れた情報を知り、永夢くんは飛び出していく。残された飛彩くんだったが、彼も、悟ったようだ。

 SNSを介して集まった仲間と共に、バグスター攻略に挑むテンマくんたちだったが、やはり、苦戦を強いられていた。そこに現れた永夢くんは、自らの胸中を告げ、少しでも患者を救いたいと語る。そこに、飛彩くん、大我くんも、やってきて参戦する。

 パラドを筆頭としたバグスター3人と仮面ライダー3人が、それぞれの戦いを展開する。パラド以外のバグスターは、ブレイブとスナイプに撃破される。パラドはエグゼイドと激戦を繰り広げるが、エグゼイドの大技を受け、膝を着く。しかし、パラドは、消滅することなく、撤退していった。

 バグスター2体を撃破したことにより、テンマくんたち患者の治療は成功した。テンマくんたちは、CR医師たちに、再び、信頼を寄せ、手にしていたガシャットを渡した。その頃、帰還したパラドに問われた天ヶ崎恋CEOが、「仮面ライダークロニクル」には真の魅力があると語る。つづく。

 やはり、消滅した人の復活が可能なのか…。そうなると、消滅した人々に関わる人たちが、必死になって攻略しようとするため、仮面ライダーたちも、やり難い。この設定は、「ソードアート・オンライン」第3話「赤鼻のトナカイ」を思い出させる。だとすれば、制限時間が厳しいはず…。

 敵となってしまったポッピーピポパポに永夢くんは、どのように対処していくのか?。

 ちなみに、バグスターに対し、エグゼイドのリプログラミング技は通じないんですかね?。あくまで、ゲーム病患者にだけ、通用する技なのだろうか?。

 それにしても、天ヶ崎恋CEOは謎だw


仮面ライダーエグゼイド 第26話4/9 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第26話 4/9 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーエグゼイド 第25話 4/2 あらすじと感想

 ライド・プレイヤー、株価急騰、コンティニューボタンが無い…「これはゲームであっても、遊びではない」。

 冒頭は、永夢くんの目前で繰り広げられる戦い。呆然と見つめる彼に近づいて、パラドは「ようこそ、究極のゲームへ」と告げる。

 場面代わって、CR内の風景。飛彩くんがケーキを食べながら、永夢くんの様子を窺う。永夢くんは、内科研修に入ったらしい。彼は、ポッピーピポパポが居なくなったことで、沈んでいたらしい。そのとき、二人の多数の緊急通報が入ってきた。

 手分けして出動する二人。永夢くんは工事現場近くで倒れた青年を発見する。早速、診察すると、いつものゲーム病とは異なることが判った。CRに青年を搬送しようとすると、青年はガシャットを取りだし、変身してみせた。その青年を追跡する永夢くんは驚くべき光景にでくわす。

 先ほどの青年と同じような変身者が複数居て、バグスターと戦っていたのだった。変身者は果敢に挑むがソルティ・バグスターには敵わず、弱音をはくと、ナビゲーターとしてポッピーピポパポは現れる。彼女は、ゲームを簡単に解説し、その変身者をライド・プレイヤーと呼び、レベルアップするには、レアキャラである仮面ライダーに挑戦し、アイテムを奪うこと、と告げる。さらに、13体のボスキャラを倒せば、ラスボスへの扉が開くという。

 同じように、飛彩くんも多数のライド・プレイヤーに囲まれて戦っていた。相手は患者だけに、無闇に戦うわけにもいかず、牽制攻撃を放った後、撤退していった。永夢くんも、ライド・プレイヤーに襲われるも、変身して迎撃し、一人を残して逃走させた。その一人をCRへ収容する永夢くん。

 その頃、幻夢コーポレーションの株価高騰の異常に気付く大我くん。さらに、ニコさんから、幻夢コーポレーションが「仮面ライダークロニクル」をリリースしたことを知らされる。二人は、急いで、幻夢コーポレーションへ向かう。

 玄関前で、新CEOである天ヶ崎恋氏に遭遇、大我くんは新ゲームについて尋ねる。さらに、飛彩くんも現れ、ポッピーピポパポの行方を問う。どちらの質問にも、適当に答え、天ヶ崎CEOは社屋へ入っていった。その社屋では、パラドたちが「仮面ライダークロニクル」が始まったことを喜んでいた。

 CRに戻った永夢くんは患者の診察を終え、ゲーム病であることを告げる。すると、患者はゲームクリアすれば、完治すると知っており、ガシャットを使って変身しようとするところを止める。新たな通報で、出動すると、そこでは複数のライド・プレイヤーとバグスター集団が戦いを繰り広げていた。

 永夢くんは変身してソルティ・バグスターに挑むも、ソルティ・バグスターがレベルアップしており、苦戦する。ガシャットを装備してレベルアップしようとしたとき、エグゼイドはライド・プレイヤーたちに襲われ、変身解除され、ゲーマドライバーやガシャットを奪われてしまう。

 奪ったガシャットを使って、バグスターと戦うライド・プレイヤーたち。そこに、パラドが現れて、冒頭の台詞を口にする。パラドは変身し、ライド・プレイヤーたちと戦う。レベル差があり過ぎて、直ぐに、ライド・プレイヤーたちは、HPを損ない、変身解除される。その直後、プレイヤーたちのゲーム病が末期を迎え、彼らは消滅していった。

 これこそが、パラドたち、バグスターが望んだ世界。この世界は、バグスターが人類を狩り、攻略するゲームと化した。奪われたガシャットを永夢くんに返し、去って行くパラド。怒りに震える永夢くん。

 社屋に戻ったパラドは、天ヶ崎CEOを介して、ポッピーピポパポにゲーマドライバー?を渡した。彼女も、ゲームに参加するらしい。つづく。

 やはり、謎の人物は、天ヶ崎CEO。ポッピーピポパポは衛生省管轄にあったはずなので、衛生省関係者かもしれない。また、彼女だけが、他のバグスターとは思考パターンが異なる模様。

 もしかすると、ガシャットやゲーマドライバーにはゲーム病の進行を遅らせる効果があるのかもしれない。患者がゲーム病で直ぐに消滅してしまっては意味が無いし…。ライド・プレイヤーたちは、今までの患者と違い、ストレスで発症したわけでは無さそう。また、既にゲーム病に罹患し、完治した人物には抗体が出来ている可能性がある。

 ラスボスって、やはり、データ化されたゲンム→黎斗 前CEOのような気がする。

 人類攻略という目的は、永夢くんの深層心理にあるゲームキャラクターへの思いが強く出たものかもしれない。倒されてしまうゲームキャラクターに対する悲しみ、が逆行した結果かも?


仮面ライダーエグゼイド 第25話4/2 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第25話 4/2 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーエグゼイド 第24話 3/26 あらすじと感想

 珍客、歌姫の帰還、ニューゲーム・スタート。

 冒頭は、とあるアーティスト・グループの一人が事故に遭い、急患として運び出されるシーン。病院では、飛彩くんの指導の下、永夢くんの外科医研修最終日を迎えていた。永夢くんは、飛彩くんにお礼を言う。そこに急患が入り、二人がオペを行った模様。

 急患は、アーティスト・グループの女性で、無事に手術を終え、入院したものの、彼女の仲間が意見対立し、喧嘩を始める。すると、三人とも、ゲーム病を発症し、バグスターに変身した。3体のバグスターはレベルアップしていた。

 永夢くんがバグスターを追跡すると、突然、珍客として、ラッキーくんが現れた。ラッキーくんは、永夢くんと協力し、3体のバグスターに挑む。エグゼイドとシシレッドに変身し、3体のバグスターと戦うものの、2体を逃してしまう。残りの1体を機能停止させ、シシレッドは帰っていった。

 今度は、CRに入院することになった女性は、音楽活動が上手くいかず、チームワークが失われていたことを話す。また、スタジアムで演奏することを目標にしていたらしい。事情を聴いた永夢くんは、飛彩くんと大我くんに協力を扇ぐが、結局、バラバラに行動することになるw。

 まずは、飛彩くんと大我くんが、逃げたバグスターと遭遇し、オペを開始する。その頃、CRに幻夢コーポレーションの新CEOを名乗る天ヶ崎恋が現れ、入院中の女性に面会を求めてきた。彼女のグループは、新ゲームの音楽オーディションを受けていたらしい。しかし、結果はNG。その場で、女性はバグスターに変身し、逃走してしまう。

 逃走したバグスターを永夢くんが追跡。CRに残っていた明日那さんは、天ヶ崎氏に新ゲームの歌手として口説かれていた。天ヶ崎氏の特殊能力で、ポッピーピポパポは、言われるがままに、ステージで歌を披露する。

 スナイプとグレイブがバグスターを追い詰め、エグゼイドも、リプログラミングで相手の能力を封じたところで、同じ場所で追い詰める。3人揃って、大技を放ち、バグスターを撃破する。ゲーム病が完治したところで、負傷していた女性の容態が悪化、永夢くんの冷静な対処ぶりで、外科医研修の成果が判った。

 天ヶ崎氏に招かれるままに、幻夢コーポレーションに戻るポッピーピポパポ。そこでは、パラドがグラファイトを含むバグスターたちを復活させていた。パラドが言うには、バグスター完全体は復元できるらしい。全てのバグスターが揃ったところで、パラドは「仮面ライダークロニクル」を完成させた。つづく。

 さて、新展開の始まりですが、隠し玉と思われていたポッピーピポパポが動きましたね。彼女の役どころは、囚われの姫さま役でしょうか?。

 ラストシーンで、天ヶ崎氏がバグスターの中に含まれていなかった気がしますが、彼は人間なのでしょうか?。それとも、見間違いだったのだろうか?。

 今回、バグスター完全体は復元できることが判明しましたが、この原理を逆用すれば、今まで消滅した人々を復元できそーな気がしますが…?。

 リプログラミング技はチートw。

 「仮面ライダークロニクル」自体も、元々は、幼い永夢くんの発想の中にあったのかもしれない。それを知り得た黎斗CEOが、ゲーム化を考えたのかも?


仮面ライダーエグゼイド 第24話3/26 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第24話 3/26 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーエグゼイド 第23話 3/19 あらすじと感想

 形見、レベル・マキシマム、失われた命との向き合い方。

 冒頭は、占拠された幻夢コーポレーション社屋を包囲する機動隊の様子。CRに集まった永夢くんたちは、衛生省の日向審議官から通達を受ける。一両日中に黎斗CEOを逮捕できなければ、永夢くんたちからゲーマドライバーを剥奪し、CRから外すというもの。黎斗CEOの逃走とゲーマドライバー損失の代償は大きかった。

 一方、黎斗CEOは、あと2体で「仮面ライダークロニクル」が完成すると告げ、包囲していた機動隊を襲い始めた。直ぐに、CRに連絡が入り、永夢くんと大我くんが、現場に急行する。飛彩くんは残って、貴利矢くんが残したデータに基づいて新ガシャット完成の方法を探った。キーワードは「リプログラミング」。

 現場に着いた飛彩くんたちは、ゲンムとの戦闘に入る。自身のゲーマドライバーを失った永夢くんは、貴利矢くんから託されたゲーマドライバーを装着して変身する。不死身の下級バグスター相手とゲンムに梃子摺るエグゼイドとスナイプ。

 そこにブレイブが現れ、新ガシャットをエグゼイドに渡す。この新ガシャットは、原初のバグスターウィルスを体内に宿す永夢くんしか使えないらしい。渡されたガシャットを何度も試すが、反応しない。そのうちに、ゲンムが永夢くんを狙う。

 間一髪、ブレイブが盾となり、永夢くんを守るが、飛彩くんは変身解除されてしまう。飛彩くんは、初めてダブルエックスを生み出したときのことを思い出せ、と告げる。永夢くんは、子どもの頃に思い描いていたゲームキャラクターを思い出しつつ、変身を試みる。

 すると、彼の手にした無名ガシャットにタイトルが付き、新たなガシャット「マキシマムマイティXガシャット」へ変貌した。そのガシャットを装着し変身する永夢くん。新たな力を得たエグゼイドは、不死身の下級バグスターを蹴散らし、ゲンムに迫る。

 ゲンムの攻撃も、苛烈さを増すが、エグゼイドには効果無し。接近されて、技を放たれて倒れるゲンム。すると、ゲンムのライダーゲージが元に戻っていた。つまり、エグゼイドのリプログラミング技によって、ゲンムはゾンビの不死性を失ったのだ。再び、攻撃が入り、変身解除された黎斗CEO。永夢くんは医師として、彼にトドメを刺せなかった。

 黎斗CEOは、永夢くんたちの前から逃走、その様子を見ていたパラドは、永夢くんの行動に不満を洩らす。大我くんからも、甘さを指摘される永夢くん。迷いを見せる永夢くんに、パラドは黎斗CEOを倒し、ゲームを終わらせろと囁く。

 逃走した黎斗CEOは、手近な人々にバグスターウィルスを感染させ、残りの2体を出現させようとした。通報が入り、現場に到着する永夢くんは、黎斗CEOの狂気を見る。戦闘に入り、ゲンムは2体の分身を作り、ブレイブとスナイプの相手をさせる。エグゼイドは、そのまま、ゲンム本人と戦い始める。

 容赦なく攻撃を続ける永夢くんに覚悟を見た大我くんだったが、少し違っていた。2体の分身をブレイブとスナイプが各々倒し、その直後、エグゼイドの大技がゲンムに決まる。変身解除された黎斗CEOは、再び、変身しようとするが、ガシャットが反応しない。

 エグゼイドのリプログラミング技によって、黎斗CEOのバグスターウィルス抗体を分解したらしい。そのため、ガシャットが反応しなくなった模様。焦った黎斗CEOの前に、突然、現れたパラドが迫る。パラドは、黎斗CEOからガシャコンバグヴァイザーを取り上げ、バグスターウィルスを噴霧した。

 抗体を失った黎斗CEOは、大量のバグスターウィルスを浴びて、急性ゲーム病を発症、直ぐに、危篤状態に陥ってしまう。それでも、黎斗CEOは諦めず藻掻きつづけ、自分の神性を信じ、不滅を宣言しながら、消滅していった。その様子を永夢くんたちは、呆然と見つめているしかなかった。

 パラドは、黎斗CEOの計画「仮面ライダークロニクル」の継承を宣言し、去っていった。CRに戻った永夢くんたちは、日向審議官から労いの言葉をかけられるが、「目前の患者=黎斗CEOを救えなかった」というやるせなさ、だけが残っていた。つづく。

 果たして、黎斗CEOの再登場はあるのか?。既に、黎斗CEOの肉体は限界を迎えていたが故に、ゾンビ化していたはずで、もしかしたら、データ人間として生存している可能性はある。

 次回、幻夢コーポレーションの新たなCEOが顔を見せるらしいが、ポッピーピポパポの知り合い?らしい。

 見かけはアレだがw、内容はハードで実によろしい作品になってきた


仮面ライダーエグゼイド 第23話3/19 あらすじと感想
仮面ライダーエグゼイド 第23話 3/19 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイドへ
仮面ライダーエグゼイド
にほんブログ村テーマ 仮面ライダーエグゼイド EX-AIDへ
仮面ライダーエグゼイド EX-AID

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

広告バナー
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
アイコン
のんのんびより
超訳百人一首 うた恋い。
あっちこっち
けいおん!!
機動戦士ガンダム
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
Google+
お知らせ
現在、私事で忙しくて、TB返しが出来ない状態にあります。落ち着いたら、TB返しを開始しますので、よろしくお願いします(2013/05/10)
Twitter
QRコード
QRコード
メールフォーム
このブログに関するお問い合せなどにお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガリレイドンナ
ゆるゆり
ココロコネクト
アイドルマスター
牙狼<GARO>
アニメDVD
キャラアニ
月別アーカイブ